TechFULの中の人

triple-four’s blog

インターン

はじめまして。 TechFULで働いています秋田大学の学生、ガナリヤです。 普段は、TechFULの問題の作成などをしています。

この度、TechFULの運営会社である444株式会社にてインターンをさせていただくことになり、インターンで感じたことなどを徒然と語らせていただきます! これからインターンをする大学一年生や、二年生の方に届くと嬉しい限りです。

出会い

インターン初日は、444株式会社の本社を見学させていただくことになり、初めて一人で東京に向かいました。これまで東京に行ったことはありますが、学校の修学旅行でしか行ったことがないため、ひどく緊張していたのを覚えています。地方民特有の都会への憧れと畏怖ですね。

そして、本社にて代表取締役社長の薗田さん、技術担当SRさん、和み担当HKさんと初めてお話をしました。これまでアルバイトとして、Slackなどで話してはいたのですが、実際に顔を合わせるのは初めてであり、なんとも言えないよくわからない恥ずかしい感覚でした。

TechFULの目指す目標・意義、勤務形態、そして、これからのプログラマーや働く場所という意味での会社についてなど、色々なことについて教わり、議論を重ねることが出来ました。人生経験の差を肌で感じる貴重な機会でした。444株式会社は基本的にリモートワークであり、自分の時間を上手に使いやすい勤務形態です。働きたい時間に働いて、効率的に仕事ができるのはいいですね・・・

環境構築

その後、SRさんとHKさんとTechFULの開発を行うための環境構築を行いました。そこで感じたことは、やはりプログラミングで一番大変なのは環境構築なのだと・・・

初めて知ったツールに躓いたり、よくわからない不具合が発生したり、途中ドタバタしながらもなんとかお二人のお力を借りて環境を構築できました。東京の人はみなさん冷たいと思っていたのですが(偏見)、温かい人もいるのですね・・・

TechFUL開発

東京から戻ってきた後は、自分のデスクトップに、もう一度お力を借りながら、開発の環境構築を行い、ようやく開発を始めることが出来ました。

・・・が、色々とフレームワークなどの内容で自分がよくわかってない部分があり、フレームワークの勉強の時間もいただいたところ、環境構築とフレームワークの勉強だけでおよそ一週間かかってしまいました(笑)。実際に開発に携われたのは残りの一週間のみです(笑)。

開発の内容は語れないのですが、非常に貴重な体験をさせていただきました。実際に開発をさせていただくインターンはそうないと思います。

よかったこと

この度、TechFULでインターンをさせていただき、良かったことばかりでした。良かったことを箇条書きで上げてみると

  • 自分の興味ある会社の人の生の声が聞ける。
  • 経験豊富な人の考え方・人生について知ることができる。
  • 自分の知らない技術を新たに知ることができる。
  • 自分に今足りていない技術がわかる。(私の場合はSQLや、コーディング力です。)
  • 自分のことをよく知ることができる。
  • 価値観が変わる。
  • ・・・・・・

などなど、良かったことを上げるとキリがないと思います。特に、技術面ではなく、実際にはたらく人の価値観や人生について触れることで、自分のこれからの将来について見つめ直せるのではと思います。実際に自分も、自分の考え方や進路について考え方がガラッと変わりました。 是非、これからインターンに向かう大学一年生や二年生のかたには、自分が将来働いてみたい会社や、もしくは自分がこれまで行こうと思っていなかった分野の会社などにインターンをしてみてほしいです。無駄になることは絶対にないと思います。

最後に

ここまでお読みいただきありがとうございます。 自分はあまり文章を書くのが得意ではないため、読みにくかったところもあると思います。(←今更かい)

ただ、「インターンはしたほうが絶対にいい。」というメッセージが届けば幸いです。きっとその後の人生や会社選びのプラスになると思います。

ガナリヤでした!